私たち山田建設は、家をつくる工務店です。
戸塚という地域で六十年以上にわたって家づくりを続けてまいりました。
山田建設が家づくりで追求しているテーマは『つよくてやさしい家』であること。
といっても特別変わった家ではありません。
地震や火災に強く、快適性に優れ、そして省エネ。
さらにメンテナンスがしやすいことを基本としています。
けれどもこれはある意味で当たり前のこと。
その家に住む人がどんな暮らしをするか、その想像力なくして「家をつくる工務店」を名乗ることはできないと考えてます。
私ども山田建設がこれから何件の家をつくれるかわかりませんが、そのひとつひとつの家、そこに住む一人一人の暮らしが充実し、幸せを生む家づくりをこれからも続けていきます。

私たち山田建設は、家をつくる工務店です。
戸塚という地域で六十数年年以上にわたって家づくりを続けてまいりました。
山田建設が家づくりで追求しているテーマは『つよくてやさしい家』であること。
といっても特別変わった家ではありません。
地震や火災に強く、快適性に優れ、そして省エネ。
さらにメンテナンスがしやすいことを基本としています。
けれどもこれはある意味で当たり前のこと。
その家に住む人がどんな暮らしをするか、その想像力なくして「家をつくる工務店」を名乗ることはできないと考えてます。
私ども山田建設がこれから何件の家をつくれるかわかりませんが、そのひとつひとつの家、そこに住む一人一人の暮らしが充実し、幸せを生む家づくりをこれからも続けていきます。

こだわり

素材へのこだわり

山田建設は木の家にこだわります。それは木材へのこだわりでもあります。
木の魅力は、何といっても時間をデザインしてくれることです。時を経るごとに色も艶も変化していきます。それぞれが充実した色合いへと、やさしく変化していくのです。そうした風合いを楽しむのも木の家ならではの醍醐味です。

大工がつくる家

山田建設では、大工たちが互いに刺激し合い、切磋琢磨しつつ腕を磨いています。また、外部の勉強会や他社大工との交流などを通じて、自分の仕事、他者の仕事を吟味し、その腕を1軒1軒の木の家に結実させるべくさらなる成長を目指しています。

現場力

山田建設がどのような工務店なのかを知っていただくには、まずこれまで建てた家を見ていただく、OB施主様からお話を聞いていただく、ということがあります。
さらに施工中の現場を是非見学してください。常に、「世界にたった一つの家」という気持ちで大切につくっていることが、現場を見ていただければわかると思います。

デザイン・性能

想いをかたちに

家づくりの第1歩、それは、その土地を知るということです。気温、湿度、降雨量、日照時間といった気候データはもちろん、周辺の環境や地盤の強さ等、知るべきことはたくさんあります。
また、建築基準法や都市計画法といった法律により、建てる住宅には様々な規制が掛けられます。
山田建設が主に仕事をしている横浜市戸塚区周辺は、防火の規制が比較的厳しい地域でもあります。木の家は火災に弱いと言われ、規制が特に厳しいエリアでは木造住宅を建てられない場合もありますが、様々な工夫により木材を構造材や内装に使用する方法もあります。
持てる知識とノウハウをフル活用して、その土地に最も適した住まいを考えることから、家づくりは始まります。

家づくりの流れ

土地を知ることと共にもう1つ大切なことは、その家でどんな暮らしをしていくのか、住まい手の暮らしのイメージを形にすること。敷地の条件がひとつひとつ異なるのと同じように、人の暮らし方もひとりひとり異なります。
現在の暮らし方から、残したい良いところと変えたいところをしっかりと見極め、新しい家での暮らしをイメージすることが、プランニングの第一歩となるのです。
「これだけは絶対ゆずれない」というこだわりのポイントはありますか? 毎日の食事は誰と、どんなふうに食べますか? 好きなことは、嫌いなことはなんですか?・・・
山田建設では、お客様にいくつもの質問を投げかけながら、暮らしのイメージづくりをお手伝いします。

木の家の「つよさ」

住宅の「強さ」を現わす指標のひとつとして、耐震性能というものがあります。
山田建設で建てる家の耐震性能は、お客様のご予算や住宅の規模に関わらず全ての住宅で、住宅性能表示制度でいう耐震等級を、原則等級3と決めています。これは、簡単に言ってしまうと、熊本地震並みの大地震が起きても、家が倒壊することで住む人の命が損なわれるような壊れ方をしないこと、さらに損傷を少なくし、補修してその家に住み続けることができることを意味します。
住まいにとって安心と安全は不可欠。それを支えるのがこの耐震性能です。

木の家の「やさしさ」

夏涼しくて、冬暖かい住まいをきちんと実現させる。それもエアコンなどの設備ばかりに頼ると、リビングは暖かいのに廊下やトイレは寒いといった状態になりかねません。住宅の温熱性能が住む人にとってどれだけ大切なものか、最近やっと医学的な知見も出てきました。
住宅の断熱性能を高くすることで、家の中のどこにいても暖かく快適な環境にする。
そんな、当たり前のようで、当たり前ではない高断熱性能を私たちは「やさしさ」と捉えています。

丁寧に暮らしを育む

家は家族それぞれの安らぎの場であること。自分が自分であることを全面的に受けとめてくれる空間があり、或いはそれをつくっていく。それが暮らし。
年々歳々子どもの成長などによって家族は変わっていきます。その中で、自分たちがやすらぐ居場所をいくつ作れるか。階段だったり、デッキだったり。そうした居場所を持てる家。この家での暮らしを丁寧に行おうと思わせる家。
それこそが、暮らしと住まいの融合ということができます。
山田建設は、そんなご家族の暮らしに木の家づくりを通して応えていきたいのです。

家守り

家守りという大切な仕事

工務店には、家づくりの他にもう一つの大切な仕事があります。それが、家を建てた後の仕事「家守り」です。
折角建てた木の家も、手を入れなければ、その価値は持続しません。長期に渡って(二世代、三世代と)住み継ぐ家としての機能を持続するためには、定期的に点検し、メンテナンスを行っていくことが必須の条件となります。
こうしたことを「家守り」と呼んでいます。
長く暮らしていれば、住まいにも住まい手にも、様々な変化が起きてくるのは当然です。
何か不具合な問題があれば、その解決を考え、提案し、実行する。
そんな当たり前のことを丁寧に行う。これが工務店的な姿勢だと思います

人と人をつなぐ

山田建設のOB施主の皆様と私たち山田建設との交流の場としてイベントやDIY教室などがあります。それは同時に、OB施主同士の顔見せの場でもあります。
そのきっかけとなるのは、夏休み子ども工作教室、左官教室、味噌づくり教室など多彩です。
そういった場で、家の気になる点をお聞きしたり、お客様との交流が進み、山田建設ならではの楽しいコミュニティの集いが恒例化しています。
このコミュニティに参加してくださるOB施主様から「きて良かった」と笑顔をいただける。そのことが、山田建設の明日に向けての大きな一歩を踏み出させてくれるのです。

住み継ぐ家

大工など職人を抱える工務店の強さは、融通無碍に持てる技能を使って、木の家を再生させることもできるところです。例えばリフォーム。たった20~30年しか経っていない住宅も、設計が悪く、体力が衰えているものもあります。でも、そうした木の家も丁寧にその弱点を補正して、新しい息吹を漉き込むことでまるで生まれ変わります。新しい木の家になる、というより味わいを増す木の家へと再生させることもできます。