カテゴリー
アーカイブ

新築工事10年点検

10月29日 新築工事10年点検

皆さんお世話になっております。

現場監督の椎葉です。
今回は弊社が行なっている取り組みの1つ
新築工事の点検についてお話しします。
お伺いしたお客様にご協力いただいたので、写真も少し使わせて頂きます。

先日お伺いしたT邸
新築工事の点検は何年かおきに定期的に行なっています。
今回は10年点検です。
ちなみに定期点検は10年で終わりです。
住宅の保証内容のほとんどは10年で切れてしまうからです。
内容によってはもっと短い保証内容もあります。
その内容はまた今度お話ししたいと思います。
まずは、お客様とチェクリストを使っていろんな項目を確認して行きます。
チェクリストの内容は内装関係の壁や床の状態を確認や、水道の給水排水の不具合、外壁の状態、建具や家具の調子などなど各所チェクします。

チェクリストで確認をするのはもちろんですが、住まわれているお客様に直接確認するのが1番ですね!
今回もベランダに蜂の巣があり困っているといったお話しもありました。
あとはウォシュレットが壊れかけていたり、雨戸が調子悪かったり。
不具合がある場合、監督が対応できることはもちろんその場で解決します。
ちょっとした調整とかですね!
蜂の巣はちょっと後日で、、、
専門的なことは後日、業者さんに連絡して対応します!
各所確認する内容の1つで10年点検では床下も確認します。
床下に入り基礎の状態や土台の状態を確認します。
腐ったり痛んでいるところはないか?
シロアリがいないか?
水道の配管が問題ないか?
などをくまなく確認します!

今回もまったく問題ないですね!
10年点検でいろいろ保証が切れる1つとして、シロアリの防虫の保証も切れてしまいます。
しかし、延長保証が有料ではありますが受けられます。
今回も延長していただきました。
先程話したウォシュレットの故障などは機械なので、どうしても10年ほどで壊れてしまいます。
ただ、本当に交換が必要か我々にご相談下さい。
点検をすると、普段の生活で改善されたいことなどもご相談があります。
例えば家族の年齢の変化などによる、居室の使い方が変わったことで、改善したいとか。
他にも外壁の塗装などは10年経つとみなさんにオススメすることが多いですね!
もちろん外壁の材質にもよります。
いろんなお話しを直接ご自宅で聞くことも点検で大切なことです。
10年後の月日は今から想像するとすごく先ですが、毎回みなさんあっと言う間に10年経ったとおっしゃいます。
きっといろんな家族の思い出があるのだろうと思います。
その思い出を作る場所を安全に快適に過ごして頂きたく、弊社では定期点検を行っております。
点検自体は10年で終わりです。
ですが何かちょっとしたことでも、20年後も30年後もずっとずっと、ご連絡がありましたらいつでも駆けつけます。
定期点検は気にせずに是非ご連絡下さい。
いつでもお待ちしています!!